会社に不満を抱いて転職する人も必ずしも目的が達成できるわけではなく、転職後に目的が達成できる成功者には共通の条件があります。の話 1

転職者の多くが前の会社の給与やポストに不満を抱いて転職しています。しかし、再就職後に必ずしも目的が達成できているわけではありません。成功した多くの人には共通の条件があります。前の会社にいて不満を抱きながらも何となく仕事を続けて来た人と、前の会社にいる時から目標を定めて努力を重ねてきた人とでは求職のし易さや再就職後の待遇にかなりの違いが出てきます。会社の特性として、歴史が古く、安定した会社は年功序列の傾向が強く出て、個人個人の実力の差が給与に反映される度合いも少ないでしょうが、新しくて成長期にある会社はそれとは正反対に実力と実績が給与に直接反映されることが多くなります。そうした実力主義の会社で転職後も仕事を有利に進めるためには前職で身につけたスキルをできるだけ活かせる職種に再就職すべきです。たとえば、営業職は異なる業界で身につけたスキルについては共通な点が多く、前職で身につけたスキルを転職後も有効に活かすことができれば給与のアップにつなげられます。

http://www.kageki-club.com/

http://www.livedechat.tv/

http://binbinstory.com/

http://www.554510.jp/

http://kousaiclub-tokyo.com/